ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

評価基準

■作品の評価基準(13/10/13変更)

概要

主にエロゲのレビューを書きます。広義で言えばギャルゲーですが。
レビューと言うよりは稚拙な感想と言った方が正しいかもしれません…。

基準

大きく分けて
・シナリオ
・システム
・キャラクター
・CG&BGM
の観点から総体評価シナリオのみの評価
から評価を出してます。

主観による評価ですので、読み違いや意図が違うよ?などの勘違いを書くかもしれません。

総体評価

シナリオ以外にもシステムでの扱いやすさなど、ユーザビリティキャラクターの性格などのキャラクター造詣、キャラ絵や作品を盛り上げるサウンド、操作性(インターフェース)からの観点

からなる総合的な評価を付けます。

シナリオ評価

純粋にシナリオのみによる評価。前後に関わるシナリオの結合度や如何にプレイヤーの心に響くか。
※好みは『泣き・感動系』。

1.感情移入が出来、感動した作品。
2.整合性が取れたバランスの良い作品。

心揺さ振られるか?ですかね。定義が曖昧ですが…。

個人的に好むテーマ
1.シナリオが重い。(キャラの背景や世界観の重さ)
2.波がある作品(良い意味で)。
3.魅力的なキャラクターがいる。
4.道徳的な一面。(ストーリーの方向性にもよるが余程酷くない限り)

まず、楽しめればそれで良い!との心得は下地にあります。

普遍的なモノよりwhite album2や君のぞなどのドロドロした三角関係物や、オルタのような次から次へと自身を追い込む運命的なシナリオとか大好物です。

一つでも特徴的な何かがあれば…多分楽しめる。

魅力的なキャラクターがいるかどうか。エロゲー(ギャルゲー)の醍醐味。萌えも作品を楽しむ要素。特に可愛くないと…ね。

内容

得点をつける事自体、自己満足に過ぎませんが、あくまでも参考程度にと言う意味で。
洞察力がないので…文章力や語彙の無さにも…orz
稚拙な文章でありきたりかもしれませんが、コメントなど頂けると幸いです。

☆再プレイしたり、関連性の強い作品をプレイする事で、得点が変化していくのでご了承ください…汗
★因みに、総評が100点の作品は私がプレイした中で最も面白かった作品のみにしかつけません。

方法

※相対評価を50点から100点へと変更ですー。何かとつけにくいのでっ!
○評価基準 ※2010年7月26日変更~

1.シナリオの構成(50点)

→一番大事な所ですよね。内容をどれだけ楽しめるか。何よりも重要です。

2.キャラクター (15点)

→キャラクターはプレイヤーの鏡となり感情移入する人物像なので、キャラクター性は重要。主人公が糞とか嫌でしょ…w

3.システム (20点)

→操作しやすいか?シナリオを読む上で柔軟に、集中させる事が出来るか?スムーズに読めることは大事です。エロゲーってヒロイン多数いますし当然共通シナリオを何回も読むこともありますし、例えば読みたくないと思ったときにスキップ機能が遅いと萎えるでしょ…。後はおまけ的な要素も加点対象かな。ミニゲームの類やおまけ特典的な?(購入の際の特典では無い)

4.CGBGM(15点)

⇒絵師で購入を決める人だっていますからね…。キャラ絵は大事です。可愛いは大事です…。

5.その他 (+-α点 最低-5点~最大5点)

⇒やり込み度やプレイ中の熱中度、プレイ後の余韻度など様々な評価。私的に特に良かった!と思える点を評価に。あくまでも+αによる追加点です。
減点することは余程のことが無い限り致しません。後はエロ要素もその他に加点しよう!

一言感想(10/07/26)

ゲームの内容をわかりやすく簡易に説明書きをする。以下のような私的テーマ度(アイコン)を追加。
※負の要素を排除して、怒⇒燃に変更。燃えるような展開!と新規で萌え萌え要素アイコンを追加
※10/07/26 新しくジャンルに『狂気』を追加…w

※素材を頂いたサイト ⇒ ぴくたいむ -Pictimes-

pikautu鬱…このゲームのシナリオには鬱要素が含まれています。
pikanaki感動…このゲームのシナリオには感動する展開が含まれています。
pikaodoroki驚嘆…このゲームのシナリオには驚嘆(驚愕)するような展開が含まれています。
pikaomosiro笑い…このゲームのシナリオにはコメディ要素が含まれています。
pikaguroグロい…このゲームのシナリオにはグロテスクな要素が含まれています。
pikaikari燃える…このゲームのシナリオには燃えるような展開的要素が含まれています。
pikamoe萌える…このゲームには萌え萌え(癒し)な展開などの要素が含まれています。
pikyoki狂気…このゲームには狂気が含まれた展開などの要素が含まれています。

 

☆テーマ要素 ×1~5あたりで評価。数字が高いほど○○度が強い指数になります。

プレイしてみて各作品ごとにジャンル出来るテーマを上記のようなアイコン(何故かピカチュウ)を使いジャンル分けします。
そのゲームがどのような要素が含まれているか、わかりやすいようにしました。(これから追加する)
各要素による度数も追記しようと思います。

ほぼ、私的評価になるので、泣けたなら泣けたアイコン+度数、笑えたなら笑いアイコン+度数というような感じで表記します。

得点基準

総評 ※10/07/26 変更
上記1~5(6)項目を基準に最大100点満点で評価していきます~。

・95~100点…Sランク。文句無しの最高作品!
・85~94点…Aランク。傑作!かなり面白い作品!
・70~84点…Bランク。佳作。後一押し!
・50~69点…Cランク。良いとこもあれば、悪い点も、至って普通、またはバランスが悪い作品。
・20~49点…Dランク。残念ながら悪い点が目立った。感動にはまだまだ至りません。
・00~19点…Eランク。ある意味神ゲー。これ以下のゲームはどこにも見当たりません。

シナリオ総評 (2013/01/15)

見てるとどうも疎らで、自分の中で基準を統一させたい意と、色々と見直したいという事からメモ的に。
どうにも済んだ作品が多くなると、基準が曖昧になってしまうので、個人的に基準を決めようと。

・50点… 個人的には、これ以上の作品は出ないかなぁと思える作品のみつける。ジャンルによって複数つける場合も
・46~49点…神クラスか。心に深く刻まれた!作品。一過性であっても感動、衝撃を受けた作品につける。
・42~45点…42点を超えれば、個人的には大満足といえる内容かなぁ。
・40~41点…私の中で言う良作、謂わば一つの基準。面白かった!と思える作品が40点以上という認識。
・35~39点…佳作。ソツなく纏まったというべきか、それなりに面白かったと思える作品群かな。だいたいはこの範囲に収まるかなーと。
・30~34点…惜しい。または残念との間。
・0点~29点…ここら辺、特に25点以下はほとんどつけないと思うけど、残念すぎる作品。30点をきる場合は、ほぼ満足できなかったという感じ。

基準は40点切るか切らないかあたりかな…。
ジャンルの差異もあるけど…現在の得点から見ると…、バルドスカイやG線、この大空あたりになるのか…。

シナリオは全体から、郡を抜いて良いと思える個別シナリオなどは当然全体に大きく補正。
一つでも抜き出ていれば、それはそれで良い作品になると判断。
泣けたか、心揺さぶられたか、ここら辺は特に大きな加点要素。

あくまでも参考程度にです。
好きな作品が酷評でも怒らないでね~ww

シナリオ・総評にエロ補正に加点は余程違和感ない限り…w

 

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline