ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

Fate/stay night

2009.06.14 by てるりん♪

5.Fate/stay night
キャラクターデザイン・原画:武内崇
シナリオ:奈須きのこ
プログラム:清兵衛
スクリプト:つくりものじ
グラフィック:こやまひろかず、BLACK、蒼月誉雄
サウンド:KATE

 

 

<ストーリー>
日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サー ヴァント)と契約し、聖杯を巡る戦争に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。魔術を習うもその才能を見 いだせず、半人前の魔術師として生きていた主人公・衛宮士郎。彼は偶然にもサーヴァントの一人・セイバーと契約したことから、聖杯戦争に巻き込まれてゆ く……。
(by wikipediaから参照)

<感想>※基本ネタばれありです
アニメ化、一般ゲーム化など、取り巻きかなり有名な作品。
熱いバトルあり、複雑な人間関係、悲しみ、様々な要素を含んだサウンドビジュアルノベル。伝記?。

■テーマ度数

pikautu
pikanaki
pikaguro
グロ
pikaikari
4 3 5 5

鬱…展開が重々しいです…。取りあえず死にまくりな展開なので。
泣…主に王道ルートのセイバー編や凛編は良い展開。
グロ…BAD ENDING=死亡=90%の悲劇w直接的な描写は無いがテキストが直接的w
燃…兎に角熱い!泣きゲーよりかは燃えゲーの部類です。

シナリオ(43点)


全体の世界観としては重苦しい。
サーバント同士の熱い戦いやキャラクター同士の駆け引き、グロイシーンも結構あるのだが、魅力的なシナリオだ。奈須きのこさんの作風も独特で、西洋の神話をモチーフとした世界で、アーサー王やヘラクレスと言った英雄をサーバントに例え、神話を回想として取り入れながら独自に世界観を切り開いている。

セイバー⇒遠坂凛⇒間桐桜の順で、FATEの世界観が徐々に語られていく方式になっています。

セイバールートはかなり王道で、セイバーと士郎の互いの思いや自身の信念に対する葛藤を戦いを通し、尊重し合い、最後にはその想いを突き通すストーリー。
熱い!セイバーの『救い』と士郎の『強い意志』がテーマである。マスターとサーヴァントの関係を保ちながらも互いに『人間』としての絆を深めていく姿が丁寧で、ラストは美しいハッピーエンド。本来なら士郎の想いに答えてもいいのだが、彼女の確固たる意志の強さが、本当に良い意味でラストを迎えてくれるのだ…。朝日に映し出される、セイバーのあの一言はあまりにも儚く、そして美しく、そして想いの強さが滲み出た最高の言葉だったと思う。

遠坂凛ルート
士郎が持つ意志と歪なトラウマ(目標・目的)を聖杯戦争を通し、凄まじい苦難な道を強いられ、それでも尚、その意思を貫き通す、士郎の一つの『救い』を描いたお話。救いとはちょっと語弊があるかもしれないが。主人公の意志を貫き通す意志の強さがメインとなる。

Fate(セイバー)ルートとは表裏一体で、マスターやサーヴァント同士の裏切りなどが頻繁に起こり、目まぐるしく展開が変化していくのも特徴。
聖杯戦争を通した、人間ドラマもここから、更に深みを増していく。凛と士郎の関係が微笑ましい感じ。特にアーチャー自身の想いが流石士朗の前だけあって確固たる強さや背中で語る男らしい熱さが見えた。ラストの展開は、凛とアーチャーのシーンが美しく描かれていた。

間桐桜ルート
桜ルートは、今までの正規2ルートとは違い、根本的な、聖杯とは何か?何のために聖杯戦争を起こす理由があるのか?など
上記2ルートでは語られなかった世界観を洗いざらい解いたストーリー。そして、士郎の歪なトラウマを回避する、ある種別の道があるよと説いたテーマでもある。2ルート以上にブラックな展開である。主人公とヒロインがあまりにも重すぎます。

 

キャラクター(14点)


■ヒロイン
遠坂凛に限ります。私的にかなり好きなキャラクター。自分の信念を貫く意志の強さと完璧な性格故に、見切りが早い点にちょっと論点がズレていたり、何よりもツンデレ要素満開な点も良くて、士郎に関わるうちに情に人一倍熱い面が加わりと性格の良さが際立った。特に桜ルートは熱い!ランサー達との絡みも面白い。

登場人物が基本全員、暗い過去を持っている為、世界観同様に重い感じです。
しかも、士郎や桜など一部のキャラクターの性格がかなり歪に描かれており、時折言動に腹立たしく感じる部分も。
特に桜は、情に駆られる反面、ヒロインとして不向きな性格が嫌~な意味で歪に写っている…。
我慢=強さと思っており、自己嫌悪の塊で、ある意味、共感出来るキャラクターではあるのだが…。

■主人公
固執的な考え方で古臭い。しかし信念を貫き通す意思の強さは半端ない。
見せ場で十二分に活躍する主人公なので、前半こそ駄目キャラっぽいが後半になると覚醒していますw

■サーバント
サーバントも個性的でセイバーの食ネタなど、要所で和ませてくれるシーンはあります。
取りあえず皆格好良い。モデルが神話に出てくる英雄や神。

 

システム(17点)


■インターフェース
スキップ機能など基本的な機能は押さえています。ただ選択肢がかなり多い。しかもエンディング数も40近くと半端ありません。
しかもそのほとんどがBAD END = 死と言うものばかり。死に方が結構グロイ部分が多いので要注意。

マウスの自動昇順などスキップ機能もかなり早く、シーンごともスキップ出来るので使いやすさには拘っている感じ。

 

CGBGM(10点)


■キャラ絵
キャラ絵はかなり特徴があると言うか、癖があります。武内さんの絵はキャラデザはとても良いと思うのですが、絵は正直あまり上手くないかなぁーって感じです。
特に色んな絵師さんの絵を見ていると初期のころは顕著に…。
動的なシーンは迫力もあって良い。

■BGM
BGMに関してはdisillusionがいいなー。私的にはタイナカサチが歌っているアニメ版の方が好きです。特に印象に残るサウンドはなかったかなぁ。

 

その他(3点)


サーバントやキャラクター同士の駆け引きやバトルは熱いものがありました。
好みにもよりますが、神話をモチーフにした世界観は背景とマッチしており、雰囲気が出ていて良かったと思います。
ぐらいかな…。

総評(87点 Aランク)


感覚的には少年誌向けの熱いバトル漫画でありながら、中身は大人向けのブラックユーモアが込められた内容。
何でも願いがかなう聖杯を目的とした様々な人間関係が複雑に、重く、悲しく描かれていたと思います。

 

※TYPE-MOON GUIDLINEの規約から画像を引用

fate     fate2

 

Fate/stay night OP(youtube) OP主題歌 『THIS ILLUSION』 歌:M.H.

■関連作品
Fate/hollow ataraxia
魔法使いの夜
■関連商品

Fate/Stay night DVD版

Fate/Stay night DVD版

定価:¥ 9,504

Amazon価格:¥ 14,000

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2006-03-29


フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] PlayStation 2 the Best

定価:¥ 3,024

Amazon価格:¥ 1,000

カテゴリ:Video Game

発売日:2009-06-18


 

Posted in TYPE-MOON

2 Responses

  1. H・遺伝氏

    士郎にあまり感情移入できなかったものの(まあ特定キャラへのイライラ省いてw)、シナリオにおける心理・哲学的な内容がとても興味深かったという印象が残されています。
    それに神話を混じって尚且つオリジナルで独創的な世界観、シナリオを彩られて、辻褄をちゃんと合わせるのやっぱりすごいですね。

    私的には:
    セイバールートは一番ぐっとと来ました。得にアーサー王物語の完結が大印象(当時何を考えてそこまで感じたのはもう覚えていないけどw)。最後の青空も今でも鮮明に思い浮かべます(セリフ忘れたけど、よかったようなw)

    遠坂ルートはまあ、熱い。熱くて熱い。燃え盛るほど熱い。UNLIMITED BLADE WORKS カッコいい☆(凛の素直じゃないとこもかわゆすw)後は・・・熱い?(それ以外の印象残ってねーww)

    桜ルートは・・・まあ・・・元々あまり好きではなかった桜を「激」嫌いになりましたww「正義の味方を、張り通しましょう~ヽ(´ー`)ノ」
    (ってか、それよりも、セイバールートですっげー嫌いだったエセ神父のこと・・・いつの間に感情移入していたのよ∑( ̄△ ̄;) イリヤを抱えて逃走・闘争した時のシーンに「かっちょいーーー!!」と思うほどになwやっぱ事情知って見方一つで全てが変わるもんな・・・確たる善・悪なんて存在しないってさ)
    まあ、とりあえず・・・打倒桜!w

    最後:鞘が出るときのBGM、すっごく燃えるのだ、はい。(アニメ版はPC版のBGMに全然敵えませんでした、物足りなく感じるぐらいにw)

    何年前だから、およその印象しか残ってないけど、これはこれで「どこが特によかった」っぽいからOKとしましょうw

  2. てるりん♪

    ((o(-ω-o)ド-モデ-ス★(o-ω-)o))

    セイバールートはかなり王道の部類いってますからねー!セイバーと士郎の思いが互いに絡み合っていく様は中々素敵でしたね~。士郎の性格があまりにも意固地なので…、ある意味、強引すぎるキャラは駄目ですよね…、自己中w

    凛は私的に各ギャルゲーの中でもかなり好きなキャラでし…(*´_ゝ`)
    ある意味、性格故に士郎と一番相性のよさそうなキャラクターですよねー。

    桜ルートは同感でふ。
    あの神父も色々苦労してましたからなぁ…汗
    鞘が出る…BGM…!しまった覚えていないΣ(ll゚艸゚ll)

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline