ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

BALDR SKY Dive2 “RECORDARE” 攻略レポート 3(12/06) 

2009.12.07 by てるりん♪

■攻略レポート (12/06) 
BALDR SKY Dive2 “RECORDARE”… レポート3

 

いやはや…ここでも衝撃的な展開が次々と…。現在は真編完了で空編まで進めています。

一言いえば…これはすごい!Dive1のシナリオにも結構唸らせてもらったが、次から次へと起こる展開に…
相当面白いです。Dive1以上に引き込まれる展開、次々と解明される謎、彼女たちの背景…。はー。これは嵌るよ…。

亜季編終了(TRUE)
う~む。なるほど…。亜季の生まれた背景や、過去の出来事、トラウマとなった展開を見ると、こちらも結構重いシナリオ…。
展開的には、真編でも軸となる部分なので、当然ネタバレするとまずいのですが…。

今回のDive2はバルドルシステムや方舟計画、ノインツェーンと言ったDive1では詳しく語られていない部分が、大凡すべてに中心として絡んできています。

亜季と甲が結ばれる、恋愛の過程も、、、よーく考えると非常に危険なというか、背景を考えると確かに恐ろしい部分ではあるのですが、良い意味で二人の絆が強く描かれたシナリオかなーと。学園編での二人の絡み、幼少時代の関わりがあるだけに、よく構成できたシナリオかなと思います。ラストに関しては、二人らしい良い終わり方だなーって素直に。

しかし、このBALDR SKYのシナリオって本当似たようなシナリオだけど、構成が非常に上手いなーと思わせるシナリオです。
どれもこれも新鮮味があるんだよなぁ…。因みにDive2は回想が基本少なくなってるかも。当然、3人の絡みは増えてますよ。

真編(TRUE)
かなり根幹まで詰めたシナリオ。亜季編のシナリオを更に真実を追求させた形だ。真のキャラって正直、学園時代ではあまり好きにはなれない、+電脳症ってのが更にギャップがあって、もう一つキャラクター味がなかったんだけど、

真編は良い意味で、電脳症がクッションを利かせてて真というキャラクターがシナリオ全体を重く・悲しく・時に笑えるような密接に作りこまれた感じが受けたなー。
○○○シーンとか、言葉とは裏腹に考えることが直に出てくるので、甲に対する思いが、非常に直情的に伝わってくるんだよねー。真が馬鹿正直というか非常に純情という意味では、かなり擽られたキャラクターだわー…。ここでの印象が良かったので一気に株がアップした感じww
ただ悪い意味では非常にネガティブな性格なので、シナリオが本当に重苦しいんだよねー…、しつこく感じるぐらいに…。

恋愛描写も良い意味で、よかったかなぁ…、真と甲の接点が学園時代でも薄いので、甲が真に対して思いを寄せる描写がちょっと無理があるような感じがするんだけどなー。真が非常に純粋に(6人のヒロインの中では一番)伝わってきたのである意味報われた世界があってよかったかなーって思います。
因みのノイの背景もちょっと驚きだったなーって感じです。

ここでのVSトランキライザーが鬼のように強かった…ww あのFCはひどすぎるわ…。

空編

まだ7章あたり…。序章からとんでもない展開です。いや、まさか…ラストの空編はこういう手で来るか!?と思うほど。
ほかのヒロインとは根本的にシナリオが構成が変わってきますので。
2章あたりからBALRDの世界観がわかりますが、、そう来るか・・・と思うほど。だいたい、Dive1や予告編で見てる人は想像付きますというかわかってると思いますが空は生きてます。しかし、、そこで待ってるのが…これまた…wって感じで続きは今度・・w

Posted in 攻略レポート

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline