ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

そして明日の世界より――

2009.11.19 by てるりん♪

23.そして明日の世界より――
プロデューサー:卯月
ディレクター:綾瀬スバル
原画・キャラクターデザイン・背景・グラフィックチーフ:植田亮
グラフィック・背景:はんぺん・川上一輝
企画・シナリオ:健速
ムービー制作:神月社(Mju:z)

 

<ストーリー>

舞台は周囲を海に囲まれた、風光明媚な小さな島。
そんな静かな島で、主人公葦野昴は幼馴染や親友たちと共に静かな学園生活を送っていた。
そんなある日突然、恐ろしいニュースが飛び込んでくる。

「―この地球に3ヵ月後、小惑星が衝突し、世界は終焉する」

突然の世界の終焉を目前に、彼らは何を想い、何を得られるのだろうか? そして彼らの運命は…?

大切な時間、大切な場所を守りたかった人たちのお話。

(by wikipediaより参照)

<感想>基本ネタばれありです…。

■テーマ度数

pikautu
pikanaki
2 4

鬱…テーマ自体はかなり重いのですが、日常がそれを感じさせないシナリオ。基本恋愛描写が軸になっている。
泣…本当の見せ場はアフター。絶望の中にも希望を見出した人達の思いが痛切に伝わる。過程をすっ飛ばした事が◎

 

 

シナリオ(40点)


死の先に見えるモノ
この作品は、『こなかな』とは違い、死を与えられた人間達が、どのように生きていくのか?の過程を描いた物語。
『こなかな』をより拡大解釈した形で、健速さんの一つの集大成として見れる作品でもあろう。

ある日、突然余命宣告をされたら?作品の一つの問いかけ。

迫りくる死に対して、人はどう生きてゆくのか?

世界崩壊とは人間関係に対して変化を与える事象に過ぎません。

各ヒロインのシナリオに関して…
彼らが共に生きる事を選ぶ過程に至る想いを個々に全て洗い出しています。
ここでの一つの鍵は主人公が偶然にもシェルター行きが決まる事で彼らに対して一つの変化をおこしています。

「・・・・わたしに、わたしに、貴方を 殺させないで!」夕陽は主人公にそう叫びます。
どのヒロインにも当てはまりますが、大切な人だからこそ、生きて欲しい、でも好きだからこそ離れたくはない、孤独になりたくはない。
まさにジレンマ。母の死から主人公を支えに生きてきた
夕陽、自分の想いを隠し続けた青葉、母の変わりとして重責を負ってきた朝陽、孤独の痛みを知る御波。彼女達は主人公が支えに力を貰い、逆にシェルター行きに思い悩む主人公に対して檄を飛ばしています。

「大切な事は全て私達の想 いの中にある。」御波が主人公に語ります。そう、人は何時か死にゆく者。例え10年先でも、3か月先でも、もしかしたらふとした事で今日死ぬ事さえもあります。でも時間の長さなんて関係ありません。与えられた時の中で精一杯生き、その大切な想いは全て心の中で美しく輝くものなんだと。御波は自分の死期を知るからこそ、時間の重みや一つ一つの思い出を大事にしているのです。
夕陽だって、いつも主人公のそばにいたい、朝陽だって自分自身あるがままに生きてみたい、青葉だって女性として見てもらいたい。誰もがそんな想いを抱えながら、限られた時間の中で必死に主人公に対して、行動を起こすのです。大切な人の為に…大切な想いを築く為に…。

個々のヒロインが綴るシナリオは後に強く一体となりNormal Endへと引き継がれる形になります。

二人じゃなくても皆で生きていけばいい
ノーマルエンドはこの作品の集大成。(Afterを含め)
彼女達が紡ぎだした答えを、全員で分かち合います。
人は一人じゃない。手を取り合えば、それは二人、三人、何人でも輪が広がるように…。

Amaging Graceは神の恩恵を意味する言葉。個を形成しているものは自然、友人、家族、自分にとって大切なものであり、それに感謝して生きる事。
それは近くにあっても人は中々気付かないもの。失って気付く人もいれば、解っていても『在るがまま』にいられず、すれ違う者達もいる。

….世界が終わった日~After End~
『残った者』は人間の非道さや怒り、悲しみと負の部分ばかり目の当たりにしてきた。

世界と同様に人の絆は失われたモノなのか?

しかし、『残った者』は気付きます。
主人公達が残した、生きた証、例え死にゆく世界にも懸命に生きてきた人の強さ・絆がここにあったのだと。

在るがままに生きる。それは簡単なようでとても難しい生き方なのだ。

この作品はどんな状況に陥ろうが、人と人との絆で結ばれた、美しく、優しい物語なのです。

■BESTシナリオ Normal END~AfterEND

 

キャラクター(10点)


■ヒロイン
幼馴染だらけ…。御波のみ外部からの転校生。キャラの性格としては~、、不思議ちゃん、お姉さん、活発系に清楚系?
夕陽のキャラクターが…。主人公を取り巻く人間関係が男女関係無しに余りにも現実味がない描き方…。
特に夕陽と朝陽の関係は背景があるにしても異常かなーって…。恋愛としては見てられない。ヒロインに関して言えば、青葉・御波。
■主人公
主人公について…私的に好みではない><
優しさの表現がそぐわない…。恋心を抱く過程がかなり曖昧な線引きが…主人公の鈍感具合が余りにも痛々しい。
あまりにも空気の読めるようで読めないようなヒロインに対しての言動がイラッと来る事多々。

あれだけ強い心を持った主人公なのに。この鈍感具合が…。
■BESTヒロイン : 水守御波

システム(15点)


■インターフェース
至って普通のシステム。スキップ機能など標準装備。エフェクトが強い部分は忽ちスローになる。
EXTRAのパンくずというか、一々TOPに戻ってまた選択しなければならないとか、細かい部分の配慮に欠ける。
全体的にインターフェースは綺麗な感じ。ソフトな絵が綺麗。

■CG
全83枚。一人当たり20枚前後。全体的に美しい感じ。

おまけシナリオなどは無し。

CG & BGM(12点)


■キャラ絵
キャラ絵は線が細い、繊細な感じの絵柄。私的には人物画は好みではないかなー。
横顔とアップ顔は上手いんですが、正面顔や奥行きのある絵にちょっと違和感、顔のバランスも頭が大きく見えてしまう点がイマイチ。
ソフトタッチで絵柄は比較的奇麗な部類。

■背景画
秀逸は背景画かなー。外界と隔離された島が舞台ですが、砂浜のシーンや星空のシーンなど背景画がモノを言ってる感じです。

■BGM
全28曲。うち歌唱付きは7曲。
BGM自体少ないですが、各ヒロイン事に専用のエンディング曲が用意されており、各々の想いを綴っています。
全体的にBGMはしっとりした感じで作品に良く合ったBGMかなーと思います。

 

その他(3点)


人の弱さをと人が支えあう絆の強さが描かれていて良かった。誰しも人は一人で生きていけない、その弱さを表面に出し、負の部分をさらす事で人の繋がりを強く人気させる描写は、良かったと思います。特にAfterを見れば…ね。

 

総評(80点 Bランク)


全体的に見れば波が無い日常パートでシナリオの緻密さは非常に評価できる半面、エンタメ性はほとんどない。シナリオの良さで勝負しています。何よりも健速さんが描く、人の弱さと絆の強さが事細かく丁寧に心情描写出来ているので、嵌れる方はとことん泣いてください。

私的には主人公が『残る者』となり『残された者』の想いを引き継ぎ、強く生きていく姿も見てみたかったなと言うのが本音。
人間ってそこまで弱くはないよ!って所見せて欲しいと思っただけです。

 

そして明日の世界より–(OP) OP主題歌『For our days』 歌 川田まみ

 

■関連商品

そして明日の世界より― 初回限定版

そして明日の世界より― 初回限定版

定価:¥ 9,504

Amazon価格:¥ 10,800

カテゴリ:DVD

発売日:2007-11-22


そして明日の世界より オフィシャルファンブック

著者/訳者:ポストメディア編集部

出版社:一迅社( 2008-04-26 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,700

大型本 ( 127 ページ )

ISBN-10 : 4758011044

ISBN-13 : 9784758011044


Posted in etude

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline