ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

『千の刃濤、桃花染の皇姫』攻略~滸√~

2016.09.23 by てるりん♪

基本ネタバレありのレポートになります。

千桃の感想、初回は稲生 滸√から入りました…。

稲生 滸シナリオ

senmomo-01senmomo-02

▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂ うわあああああ

体験版がやたら長くて、個別でどうなると思ったが…。
稲生さん√みじけーーよ…!!

これは穢翼のユースティアと同じ構成やな…。クリア後に『余談』というミニアフターストーリー(エロ込)もあるので、そこで補完を、的な展開っすねぇ。

うーむ。終わらせ方にしてはかなり強引に端折っちゃったな…やっぱ滸さんヒロイン枠としては捨て駒…的な…扱いか…。

彼女のシナリオ自体は体験版で呪いに捕らわれたように、自信が持てない、その殻を破ることが焦点となり、槇が役割を担い、宮国と主人公が檄を飛ばすことで会長としての自信を取り戻す…そんなやんわりとしたお話し。

話としては展開がちぐはぐなので、見てて、むぐぐとは思いましたが、滸以降のヒロインで徐々に、といった感じでしょうかね。オチはやっぱ宮国締めかなぁ。

気になったお話としては…。
・体験版最後の黒幕らしき人は共和国側のとある人間。(具体的な目的は不明)
・呪紋が出た女性(武人)は子が成せない。
・槙が会長になれないのは、88での部下の不手際。

とまぁ、細部に関しては全く触れていないので、ゲームとして全然不良消化がMAXすぎやろ…。
滸さん、武人以外の時の仕草などがすげー可愛いのに…惜しい…。

まぁ今後の展開で活躍する流れはあるだろうが、それはヒロインとしての立場ではなかったか…。

Posted in 攻略レポート

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline