ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

[体験版]生命のスペア I was born for you

2016.07.19 by てるりん♪

『生命のスペア』を応援しています!

2016年8月26日発売予定のあかべぇそふとすりぃの最新作、『生命のスペア I was born for you』の体験版のレビュー

シナリオ

seimei-01seimei-02seimei-03seimei-043

体験版~感想~

ちょうど2年前に、できない私が繰り返すの体験版プレイしたが、同じメーカーから、同じような『命』を題材としたエロゲーが出るとは…。

しかもかなり題材が重い…。PVも見る限り、間違いなくお涙頂戴物になりそう雰囲気。

桜紋病という、現代科学では治療できない不治の病を患うヒロインが存在し、スペアのため”作られた”デザイナーチャイルドである妹が主軸となるストーリー構成。
主人公も闇を抱える過去を持っており、境遇が恵璃と類似しており、互いに信頼関係にある。

話は、ここから、自身と妹に対する死生観を交え、どうにか妹に思いとどまってほしいとの説得から始まるお話。

ある程度読んで、展開が見えてきたのですが、、、まさかの…ラストで、主人公が…。
傍観者ではなく、主人公自身も、今後ヒロインとどう関わるのか、親父との関係、更にはヒロインの両親、妹との関係、どう動くのかが一気にわからなくなった。

短いながらも、最後で一気に引き込まれた。
基本的に単調なテキストで、主人公とヒロインもそつない造形で、波がないストーリーで、ドラマ仕立てな感じで、退屈そうな感じは受けたので、好みは分かれそう。

どう転がっても良い結末はない、必ず悲しみが残る、そんな結末になる。
主人公の考え、今後の行動で、名作・不作の分かれ目になる。

キャラクター

・主人公
堅物で真面目。というのもが主人公の過去が不遇すぎて、涙物。
両親が鬼畜で、ヒロインの家族背景と対照的。

====ヒロイン====
・恵璃
不治の病を持つヒロイン。
ヒロインは一人で一本道っぽい感じ。
笑顔を絶やさず、他人を思いやることが出来る娘で。好印象。
やや乾いた感じを受ける。

・妹
自らの境遇を完全に受け入れている。
余程の揺らぎがない限り、自分の運命を受け入れそう。
ただ姉が拒む先に、何を思うか?妹の観点はここだろう。

・両親
主人公とヒロインが対照的。
どちらも酷い、には変わりないが、時がたつにつれ、良心の呵責に悩まされるパターン。
両親の存在も作品をプレイするうえで重要なポジションになりそう。

システム

1時間と体験版は短く、発売される際の値段もミドルプライスな為、シナリオのボリュームも多くは無さそうだ。
インターフェースはシンプルで、特に背景画が単調かつ、人物画も全くないため、ミドルプライスというのも頷けるが…。

総括

重たすぎる。まさか発売予定表を眺めてる中で、こんな作品が埋もれてるとは思わなんだ…。
ミドルプライスとはいえ、これだけ重たい素材をどう扱ったのが気になるところです。

購入意欲はそそられましたが、如何せん、どっちに転ぶかがわからん。シンプルな流れになると思ったけど、そうならなさそう。
ただ”お互いに”と最後に言ってたので、互いに境遇は知った上なのか?

まぁ買うかどうかは迷ってる感じっすねー。

本製品発売後

未購入。

8月はBALDRと迷い、BALDRの方を選択。制作陣がSKYと同じだったので安定感を込め、BALDR側へと…。

こちらの作品も機会があれば買おうかとは思っている。あかべぇさんなので、DMMで販売され、そしてセール時に…笑

エロスケあたりでは評価点はあまり良くない感じだが、ストレートなお涙物語とあるように、体験版で感じたそのままな結果を描いたのだろうと。

ただ題材が題材だけに、プレイはしたいっすねー。

Posted in 体験版

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline