ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

蒼の彼方のフォーリズム

2016.02.18 by てるりん♪

蒼の彼方のフォーリズム 初回限定特装版89. 蒼の彼方のフォーリズム

企画・メインシナリオ:木緒なち
シナリオ:渡辺僚一・陸奥竜介・かづや
原画・キャラクターデザイン:鈴森・悠木いつか

 

 

 

< ストーリー>
反重力シューズグラシュの発明で人間が空を飛ぶことが普通になり、グラシュを使った新しいスカイスポーツ「フライングサーカス」(FC)が行われている世界。かつてFCの有望選手だった日向晶也は、とある経緯で競技から遠ざかっていた。そんな彼の通う久奈浜学院に内地から倉科明日香が転入してくる。彼女にグラシュでの飛行方法を教える内に、晶也はFCへの情熱を取り戻して学院のFC部に加入。ヒロイン達と交流しながら共にFCへ取り組んでいく。

(by wikipediaから引用)

シナリオ(42点)
テーマ

架空のスポーツを題材とした部活of青春。以下ヒロイン毎の大まかなテーマ。

明日香:↓全部
みさき:才能と努力
真白:努力
莉佳:楽しむこと
(主人公:挫折からの復帰)

といった具合でFCを通した成長物語と主人公が挫折から立ち直ることが1つのテーマ。

感想

総じて面白かった。

— FCについて —
架空のスポーツとなる以下に読み手に競技としての魅力を伝える点に尽きるが、
世界観、競技ルール、グラシュ、全てにおいて競技の魅力を伝えることに成功している。
グダグダとテキストで語る部分はほとんどなく、単純な絵とキャラが説明するだけで、わかりやすい。

読み手に空を飛んで自在に動き回りたい、と思わせる魅力が十分に伝わった。

個別に目を傾けますと、

— 明日香 —-
競技を最大限に活かしており、常に明日香の成長をユーザーの目に焼き付けるという意味では波があって面白い。

明日香√における挫折という言葉は無く、常に前向き、才能の片鱗を見せ、努力を怠らない。
三拍子が揃った無欠な女の子で、唯一の弱点が前を見すぎて、歯止めが利かなくなる点を仲間や主人公が二人三脚で支える、内容となっています。

その分、他のヒロインにはある苦悩を窓果の日記ですっとばし、真藤との練習や三人同時での練習など、乾沙希を目標として如何に明日香を鍛えあげるかに焦点を置いた個別の内容。

明日香に足りないものを主人公が補い、阿吽の呼吸で、乾沙希をねじ伏せる姿は如何にもスポコン王道路線で、見ていて爽快だ。
最後の展開にはやや肩透かしではあるが、やるべきというか、やりたいことを全て出し切ったと作り手から感じる内容。

最後の展開がある意味、読み手の判断すべき最大の分かれ目といったところ。

— みさき —
明日香とは相対といえるシナリオ。
みさきの長所と短所が綺麗に絡まったシナリオである。

天才肌である、みさきの苦悩は読み手には感情移入し辛い部分はある。
何事もそつなく、常人以上にこなしてしまうことから、自分より才能のあると壁を作ってしまう。

あの真藤をねじ伏せた乾沙希に絶望し、目を背け、そこから主人公と共に立ち直る、ある種、主人公との共感部分が多く、
二人が泥臭い体力作りから、如何に勝利を掴むか戦略を練り、挑む。実にスポ魂ノリで進む展開もみさきの良さが上手く表現されています。

最後に勝利を掴み、そして主人公と共に歩む姿は清々しかった…。個人的には、作品内で一番良かったと思えるシナリオ。

— 真白 —
努力・才能も無い、といった観点で描かれるのが真白√
ある意味、最も共感を得られる内容であり、たった3人(部長除く)しかいない部員のうち、二人が才能持ちというのが更に拍車を掛けるところです(笑)

実力を見せつけられ、努力しても追いつけない、んじゃどうすれば、ええねん、って中での悔しさなど真白の当初のみさき一筋とのギャップ相俟って、
可愛らしい感じが印象的でした…。

地味ですが、コツコツ主人公と悩んだ上で勝ち取る勝利もまた一興かと。

— 莉佳 —
ある程度の実力を持ちながらも、性格ゆえに本番では実力が出せない、壁にぶつかってしまう、健気な女の子が殻を破るシナリオ。

落としどころをどこに持っていくか気になりましたが、適役がいましたよーって流れでしたね。
殻を破るというよりか、自分らしさを持つことの重要性を認識させたような感覚です。

何事も楽しんでやる、型にはまった点から脱却すると言う意味では、中々良いシナリオです。

キャラクター(14点)
ヒロイン

— 明日香 —
FCをやる為に生まれたきたような才能の持ち主。
DBで言う孫悟空みたいなキャラクター。

— みさき —
才能がありながらも1つのことに夢中になれない少女。
頭の良さ故の切り替えの早さや上手くみさきの長所と短所を絡まさせたシナリオが良い感じ。

— 真白 —
部のマスコット的なキャラクター。
地道に努力する姿から共感を得やすいシナリオだった。

— 莉佳 —
お肉大好き娘。
特徴はあまりないけど、可愛い。

主人公

FCの名選手でありながらも、とある事で挫折して夢を追いかけなくなった人。

フラグが色々立ってますが、劇中でのFC復帰は無いので、要注意。
完全にサポートに徹する、セコンド役でしか活躍しません。

あれだけ、個別で主人公が忘れたものが、後を追うように出てきたのに、完全復活シナリオとかマジで期待しちゃいました…。

システム(15点)
総プレイ時間

25~30時間

インターフェース

美しさが際立つインターフェース。

自身のSPECが問題ないのか、全く読み込めず、サポート行き。
結局戻って来たけど、テキスト表記の遅さや台詞を流すたびにBGMの巻き戻りがあったりと不安定。

と読む上で大きな支障はなくなったが、残念。

FCにおける表現は良い感じで躍動感はあった(静的画像が多い中で)。
ただ明日香ルートのラストは、表現が難しかったのかな。バランサーONとOFFの臨場感が全く読み手からは感じ取れなかった。

CG鑑賞

うーん。

その他

BGM鑑賞がない点できついねぇ。
サントラ付いているので大きな問題ではないけど。(特典だけだっけ?)

CG&BGM(15点)
キャラ絵 / 背景画

キャラ絵と背景画は美しい。
タイトル通りの青を基調とした透き通るような世界観とFCが実にマッチングしていました。

BGM

やはり、OPと導入歌。
流れるタイミングが絶妙で勢いに拍車がかかってました。

その他(3点)

ガッツリと世界観にはまれる点、部活という点で熱く爽やかさを感じられる点。
夢中になれます。

総評(89点 Aランク)

全体的にレベルが高くて実に面白かった。アニメが現在放映されていますが、オリジナルに進んだいますが基盤は恐らく明日香シナリオなので、どう調理するか見ものです。

個人的には、FD希望ですねー。
主人公が完全復活シナリオと乾沙希シナリオを是非…出れば欲しい。

OP
Wings of Courage – 空を超えて -:川田まみ

関連作品
関連商品

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

蒼の彼方のフォーリズム 第1巻<初回生産限定版> [Blu-ray]

販売元:ビクターエンタテインメント( 2016-03-18 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 750 より )

Amazon価格:¥ 3,449

時間:

1 枚組 ( Blu-ray )


蒼の彼方のフォーリズム TVアニメ化記念特装版

蒼の彼方のフォーリズム TVアニメ化記念特装版

定価:¥ 10,584

Amazon価格:¥ 8,508

カテゴリ:DVD-ROM

発売日:2015-11-27


 

Posted in sprite

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline