ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

あの晴れわたる空より高く

2014.11.10 by てるりん♪

あの晴れわたる空より高く88.あの晴れわたる空より高く

原画:ちり(メイン)、まんごープリン(サブ)、オレンジゼリー(SD)
シナリオ:範乃秋晴、草壁よしお(サブ)

 

 

 

 

 

< ストーリー>
たった5人で始めたロケット開発。予算も設備も技術も足りず、多くの人が『不可能だ』と口にした。
だけど俺が…俺たちは、誰一人として諦めなかった。

本土から遥か南、俺が住むこの天ノ島では宇宙航空研究が盛んだ。”天ノ島学園”の宇宙航空学科には、
未来のロケット技術者を目指して毎年、全国から多くの学生たちが集まってくる。
~~~~ 略 ~~~~
目指すは大会優勝、ビャッコの存続だ!
そして、なんとしてでも自分たちの手で、ロケットを宇宙に打ち上げてみせる…!
高度100km
あの晴れわたる空より高く—
そこに夢の結末があると信じて、俺たちは今日も走り続ける。

(by 公式サイトより引用)

 

◆テーマ度数

pikaomosiro
pikaikari
3 4

笑…主人公が突っ込まれる掛け合いが多い。
燃…部活に青春を捧げる、情に訴える熱い展開が多い。

基本ネタバレありですので、お気をつけください。

シナリオ (43点)
テーマ

テーマは青春。
ロケット部を通した、恋愛・友情を交えたコンスタントな青春学園物だ。

感想

廃部の危機を逃れる、と言う名目の元、部への勧誘から始まり、大会へ優勝を目指し、待ち受けるアクシデント、技術的な困難、様々な危機を乗り越え、フォーセクションズへ向け、一丸となる。

王道でありながらも、しっかりとロケット製作の知識を抑えながらも、キャラの掛け合いも笑いありと、部活に対して一丸となる様子は上手く描かれている。

面白さをあげれば、やはり青春におけるノスタルジーさを味わえる点か。
そのような感想を抱くと年齢層が割りと高めだと思われるが、内容を見るとターゲット層はそう感じる。
PULLTOPの『この大空に、翼を広げて』などと全く同義のテーマだ。
しかもロケットという未知な宇宙へロケットを飛ばすという意味だけでも胸熱だ。

ただロケット製作というマニアックなものを、如何にユーザーの意識を惹き込ませるか?
如何にも堅苦しい内容に対して、明確に良し悪しを丁寧に描いている点は非常に好印象である。

主人公をユーザー視点に合わせ、初心者として手ほどきを受ける。全く勉強しない、しても頭に入らない、でも夢中になれたロケットに対しては周りの声が聞こえるなくなるほど集中してしまう、その成果に合わせて他の部とクイズ対決という、これまた熱い企画で盛り上げるw
特に図面を用いた用途の説明は上手いし、良い手法だと。

無駄税金と言われるロケット開発の恩恵がGPSだったり日常生活にも浸透している点、漁業組合との衝突、ロケットを作る上での恩恵や問題を取り入れながら、如何にロケットを作るということは素晴らしく、または問題も多いことを丁寧に描いている。
キャラやシナリオだけでなく、背景となるロケット作りにおける観点を細かく踏まえている点は感嘆ものだ。

粗さや掛け合いが下ネタのオンパレードと偏りが過ぎる部分も見受けられるが、それ以上に青春に対して打ち込む姿の方が印象的である。
少人数で大人数を制すという、理論的かつ科学の結晶がロケット製作なのに、無茶はあるが、それもご愛嬌である(笑)

やはり、青春は如何に物事に打ち込むか、この大空のソアリング然り、キラキラのように音楽に全力で打ち込む姿、はれわたのロケットなどなど、王道だが物事に打ち込む姿が一番シンパシーを受けますわ。完全におっさんですねw

キャラクター (12点)
ヒロイン

ヒロインは魅力的と言うか、個性的である、と認識してください。

・有佐
部ではまとめ役であるPM。
とにかく横暴さが目立つw
所謂、ツンデレ枠である。
ロケットを死んでも打ち上げるという信念がある為、打算的な一面が多く見受けられたりするので、
印象はあまり良くないかもしれない。

・夏帆
部活の潤滑剤。無口でクールな天然娘。
の割には意外と意固地な性格もあったりする。
兎に角ね、可愛い。イベント絵でも、他より抜けており、シーンが美しい。
感想も書いたが、夏帆の心情とイベント絵がマッチしており、センチメンタルな気分になる。

・ほのか
悪戯娘。主人公を誘惑したり、率先的に主人公に突っ込んだり、突っ込まれるような誘導をされたりと主人公がいじられる最大原因でもある。
親父が恐ろしく頑固という、鳶が鷹を産んだ感じw
ノリと突っ込み、ギャグ嗜好に流れる個別で、ほのかの性格をより活かしたシナリオとなってます。

・那津奈
ロケット意外の事は無知すぎるといっても過言ではない。
言動を見ると理論的というより感性で物事を差し図るタイプなので、ロケット製作に一番向いてないような気がするんだが(笑)
よく、人に説明するには物事を3倍理解しないといけない(プログラマー職なのですいませんw)、と先人が仰ってるので…。
そういう意味で、絵本にして例えるシーンは割りと那津奈にあった上手い手法だと思う。

主人公

熱い馬鹿。成績が悪い点などは、ロケットを語るが故の(わかり易く噛み砕いたように)設定でしょうね。
古風では在るが、勉強嫌いで、全く興味になかった事に対し打ち込むという姿を見せることで、ユーザーを引き込ませる一つの起爆剤にもなっている。

意外と冷静な面も持ち合わせており、他ヒロインが暴走する受け皿的な役割も担っており、その反動か、やたらとイジラレまくるという、M属性が強いシーンが多いので、主人公を重視する人は要注意w

ヒロインが持つ悩みも内包させる懐の広さもあり、個人的には割と好印象な主人公。悩むよりも兎に角、行動するタイプであり、その過程も考える姿勢も持ち合わせているので、意外と抜け目がない。

システム (16点)
総プレイ時間

30時間ぐらい。

インターフェース

特に可もなく不可もなく至って普通なインターフェースでした。
スキップ機能が使いにくい点は減点ではありますが、それ以外は軽快にプレイできると思います。

CG鑑賞

計:127枚

有佐:20枚
夏帆:22枚
ほのか:18枚
那津奈:19枚
他:48枚

CG鑑賞から、そのシーンへいける機能が非常に使える。

その他

個別エピソードが5つ。所謂アフターのエッチーシーンのみ。
ほのかが2つで、他ヒロインは1エピソードずつ。

CG&BGM (12点)
キャラ絵 / 背景画

キャラ絵は正直微妙ですw
終始違和感はぬぐえない。特に立ち絵が…。

BGM

BGMはやはり、OPでもある『ロケット☆ライド』が印象的。
アップテンポなロック調で、ノリの良さや部活や青春といった印象の良い雰囲気を表している。

その他(3点)

地道ではあるが、一つずつ丁寧にロケット製作を描き、青春を描く姿に、一気にLiftoff!!まで読破しました。

総評 (86点 Aランク)

ロケット製作がテーマではあるが、難なく受け入れることができる内容である。
シナリオも地道では在るが、挫けても一つずつ前へ進む、熱い青春物です。
アフター要素を含めるとエロシーンもそれなりに充実しています。

今年で言えば、今のところTOPの作品です。

ロケット☆ライド 歌:Duca

関連商品

GWAVE「あの晴れわたる空より高く」サウンドトラック通常盤

GWAVE「あの晴れわたる空より高く」サウンドトラック通常盤

定価:¥ 2,700

Amazon価格:¥ 7,750

カテゴリ:CD

発売日:2014-09-26


あの晴れわたる空より高く 【予約特典:10周年イラストシートセット付き】

あの晴れわたる空より高く 【予約特典:10周年イラストシートセット付き】

中古価格: ¥ 12,800 より

Amazon価格:¥ 9,980

カテゴリ:CD-ROM


Posted in Chuablesoft

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline