ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

創刻のアテリアル

2013.08.18 by てるりん♪

創刻のアテリアル74.創刻のアテリアル
原画 – みつき(秀哉、美來、杏里咲など)、やくり(まどか、沙夜音、鴉鳥)、鳩月つみき(ギレゼル)
シナリオ – 若葉、八雲意宇、
プログラム – FALS、Daemon
音楽 – クワイア

 

 

 

 

<ストーリー>
否応無く渦中に叩き込まれた天慶第二学園の学生達は、身の振り方を決断しなければならない。
選択によっては、道に迷える者もいる中で。

天使と手を結ぶのか。
悪魔と手を結ぶのか。
それとも中庸に徹するのか。

どのような道にも苦難はあるが、主人公は家族や仲間との関係を深めながら生きていく。
選んだ道筋に沿う形で、生き様もまた変容していく。

最終的には彼の選択によって、歪秤世界は『ある終結』へと導かれていく。
進むことを余儀なくされた主人公が行き着く先とは…。

(by 公式サイトから引用)

◆テーマ度数
特になし。

初の学園物+ファンタジーと言うことで最近嵌っているエウシュリー作品をプレイ。
まぁ一言言うと、カードゲーム+やりこみ要素は合わない…というよりシステム的に合わないなぁと感じた。


シナリオ ※メインシステム込 (35点)


それぞれ3つのシナリオに分かれる構成。
人間 = 悪魔、天使と共闘。一致団結的な王道ルート。
天使 = 英雄への道標。純愛ルートともとれるかな。攻略キャラもこのルートが一番多い。
悪魔 = 陵辱ルート。王者たる所以のヤリまくりルートです。

大まかに言えばこんな感じ。

◆ シナリオ
エウ初の学園物ということだったが…。
世界観はエウそのまんまで場所が学園なだけ…的なw
舞台が学園である意味が、序盤しかない。後は変わり果てた天慶市を歩き回るだけ。(歪秤世界含)

デル=リフィーナ以前のお話ですが特に世界観には大きく絡んでいないアナザー的な感じ。

システムを除けばジャンルがイマイチ分けづらいシナリオ。妹ゲーでもあるし、ロリゲーでもあれば、陵辱もあり…純愛もあり…。
よくある主人公ハーレム型、バトル厨2病的な…要素が満載な感じ。日常会話などももう一つテンポが悪いし、やはりSRPGメイン、バトルがメインなので、
シナリオへの重点度が低いということもあり、尻すぼみ。

何故か過去作に出ている、ハイシェラ先生、ウィル、まおー様のサブイベントの方が面白いという本末転倒さ…w

そもそも過去作は英雄や魔神だらけの世界なので、ある意味一般人が介入する…!(主人公として)ってあたりに食指が動く部分だと思うのだけど…、英雄になる過程が露骨でガサツ。
もう少し捻りが欲しいが、シナリオはメインじゃねーからなーここのメーカーは。

攻略ヒロインが多いので、システムと相俟ってやりこみ要素はかなり高いが、システムの方のテンポが非常に悪いので、作業感が増して、非常に周回が苦痛になってきます。
ただ只管にエロを求めてやりこむユーザーとガチでカードゲームを極めるユーザーに分かれると個人的には思うのだが、
ここら辺、割とバランスが取れていたと思うのが前作の『神採り』だったんだけど、本作はシステムの単調さとテンポが悪いので、前者を求める方には結構辛い作業が伴うのは残念。

個人的に支配2リーダーカード使いたかったので頑張って3ルート+ミスって次週のEXシナリオをクリアした段階での評価。

◆ システム

カードバトルシステム自体は興を引くもので中々面白い。
ただ欠点がどうしても多く見受けられる。

・シナリオとのバランス。
一番痛いところが、固定カードバトル。すげぇテンポ悪いw
シナリオでも述べた、ユーザーが求めている層とシステムが合致していない。偏っている。

攻略人数多い=回想シーンに期待している人達には苦痛です。必然的に回数分やりこまないといけないとわかっているのに、
無駄に固定バトルが多い点、周回プレイのカードがそのまま使えるのなら全然問題ないんだけど…。
んでもってオートバトルAIが頭悪すぎて、リトライループの悲劇が更にストレスを生みます。結局自分で考えて動かさんと勝てない敵とか…テンポ悪すぎ。
(勝率が悪い)
結局手動で頑張りましょうって感じ。

・インターフェースの弱さ

カードの枚数に対して、ソート機能が弱い。これだけの数があるならば個人によりデッキの組み方も多くなる。
絞込みは必須にしないと結構厳しいよ。
後はデッキ作成が少なすぎます。
多すぎるのも…ですが、せめて20は欲しい。

初見かつシステムのイロハがわからない方にとっては、攻略が難しい難易度の高い敵に遭遇したり周回する度に、
このカードの『能力』、『効果』はなんだっけなーとかいちいちカード探して調べないといけないのが非常に手間すぎる…。

まぁヤリ込みにも程があるというか…。今回のカード収集にレベル上げといいマゾすぎるなぁ。

まぁ気になる部分は多いが普通に楽しむ上では色々と拘りもあって、普通に面白いシステムだと思う。
色々と戦略や攻略を楽しんだり出来る。やたらと後半以降敵が強いのは、厳しい。

どうしても攻略用の固定デッキとかに行き着いてしまうあたりがなぁ。
個人的にはもう少し、テンポの良いシステムを用意してほしかったなぁ。

システム自体は大雑把な感じ、というか枚数などを考えたりすると、パターン数が相当多くなるので、流石にメーカーだけでは全て拘るのは難しかったんだろうなーと。

キャラクター(13点)


■ヒロイン

妹ゲーなので、みらいちゃんが色んなところで絡んできます。可愛いんですが、個別がもう一つ残念だった。
人間ルートで、千尋・龍司との会話がどう変わるのか期待してましたが、割とすんなりというか、反応としては詰まらなかった…。
倫理的な点はおいといて、もう少し突っ込むべきだろとw

他のキャラもまぁ個性的って感じで悪くなかった…。

あとりがある意味、この作品の真のヒロインって感じだったかなぁ。夢だからこそ、本当に儚い淡い恋だったなぁ…こういう切ないの好きですww

■主人公

バ、バサラクール版…。
正義感と思慮深い主人公。
女性キラーは相変わらず。

ギレゼルがやたらと人間臭いし、深い思慮とボケが非常に面白かった。

システム(17点)


■総プレイ時間数
1週目は10時間ぐらいいくかなぁ。普通に進めてもこれぐらい、またそれ以上かかりそう。
2週目以降は引き継ぎありで、一気にシナリオを進めるとすると、半分以下の4~5時間ぐらいかなぁ。
天使、人間、悪魔をプレイするとなると20時間以上はかかる。EXシナリオ(あとり)を含めると更にもう1週分かな。
やりこむと、無茶苦茶時間かかると思う。

■インターフェース
メインのバトルシステムはシナリオで書いたとおり。それ以外のシステムやバックグラウンド的なものは特筆すべき点はないかなぁ。
スムーズに進めるようなアニメーションOFFなども通常通り備わっているし、スキップも問題なくサクサクと。

■CG鑑賞
1200枚ぐらいアペンド込みだと1500枚ぐらいいくかと、相変わらずの総量です。
ヒロイン攻略がキーになるので、兎に角コンプリートするのにもかなり時間がかかると思われます。

■その他
回想シーンは、あーわからんが50近くあります。
攻略wikiあたりを参照してください。

CG & BGM(14点)


■キャラ絵 / 背景画
やくり、鳩月つみき、みつきさん。
神採りと同じメンツさん。

とりあえず可愛い。妹ズのメンツが特に可愛い。可愛いのに滅法弱いです。

■BGM
BGMは相変わらずかっこいい!
OPもいいねぇ。
特にバトルBGMがかなり良い。個人的には『護るべきものの為に』。かなり盛り上がる。

 

総評 79点(Bランク)


神採りやVERITAなどのシステムに比べると、どうしても見劣りしてしまう部分があります。シナリオに関しては…ですが。と言ってもそれなりに楽しめますし、時間がガンガン削られます。
学園物!と言ってもほとんど期待できないので要注意。

後は初心者向けではないなぁ。

様々なことに突っ込んで挑戦していくエウシュリー作品は今後にも期待です。

■OP 創刻のアテリアル OP 『brave genesis』 歌:オリヒメヨゾラ

 

■関連作品
神採りアルケミーマイスター

■関連商品

創刻のアテリアル 予約特典CD 天慶第二学園転入生ディスク

創刻のアテリアル 予約特典CD 天慶第二学園転入生ディスク

中古価格: ¥ 1,000 より

Amazon価格:¥ 2,980

カテゴリ:CD


創刻のアテリアル パーフェクトガイドブック (TECHGIAN STYLE)

出版社:エンターブレイン( 2012-11-09 )

定価:

大型本 ( 207 ページ )

ISBN-10 : 4047284750

ISBN-13 : 9784047284753


PCゲームベストアルバム「Ready-go-round」two / オリヒメヨゾラ / CD ( Music )

ポニーキャニオン( 2012-03-21 )

定価:¥ 2,160 ( 中古価格 ¥ 1,884 より )


 

Posted in エウシュリー

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline