ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

神採りアルケミーマイスター

2013.07.29 by てるりん♪

神採りアルケミーマイスター73.神採りアルケミーマイスター
原画 – やくり、鳩月つみき、みつき
シナリオ – 高杉九郎、八雲意宇、若葉
プログラム –
音楽 – クワイア
主題歌 – オープニングテーマ「Ars Magna」、エンディングテーマ「虹の彼方」
歌・作詞:オリヒメヨゾラ、作曲:ケニーK

 

 

<ストーリー>

ラウルバーシュ大陸南方セテトリ地方― その一角を担うミケルティ王国は、長きに渡る戦争の末に、連合都市として新たな歴史を刻み始めていた。

ミケルティ王国連合七大都市のひとつユイドラは、諸国の技術が集まり多種多様な武具が生み出される工房都市。 そんな街に暮らすウィルフレドは亡き両親から小さな工房を受け継ぎ、今、工匠として希望に満ちた一歩を踏み出した。

未だ王国内や隣国との緊張状態が続く中、それぞれに苦悩を抱えた三人の女性を護衛として招き入れるウィルフレド。 彼は新たな技術の発見と創造を目指し、様々な種族の協力を得ながら、更なる研鑽と工房の発展に勤しむ日々を送る。

やがて工房を発展させつつ仲間達との愛情を深めていく中、それぞれが抱える問題に直面する。 国内での紛争、他国との戦争、他種族との諍いと、ユイドラを含むミケルティ王国連合の存亡をかけた戦乱に巻き込まれていく…。

王国の平和は、若き工匠と少女達の手に委ねられた。

(by wikipediaより引用)

◆テーマ度数
特になし。

エウシュリー作品は姫狩り以来。積もっていたので、久々に。
相変わらず面白く、中毒性の高いゲームシステム…。ただ社会人にはかなり辛いw でも面白いw
(ここが積みゲー要素になる確率が高いのよねぇw)  地道にチマチマやりましたよ!
やりこみ要素もかなり高いし、中々飽きないシステムバランスの良さです、一気にやり込むのもありだが、
チマチマやるのもやっぱいいな。楽しめる。実質1ヶ月以上かけて完全コンプではないですが、ある程度やりこんでそっと置いた。

シナリオ (42点)※メインシステム要素含


※シナリオ、メインシステムの評価を加えた感想、得点とします。

・シナリオ
取り合えずは…シナリオから。
メインヒロインの3人がメインシナリオになるが、シナリオ自体は普通に文章だけで読めば2時間あれば御仕舞い程度…。

シナリオに関しては特に。。。強いて言うならセラウィシナリオが作品とあったストーリーかなーと。
姫狩りのように陵辱プレイはほとんどなく健全と言うと変ではあるが、綺麗なシナリオなので、嫌いな人でも安全にプレイできます。

世界観はファンタジーなのは毎回だが、多種族と交流を深め、工匠としての知恵や技術を会得すると言うオーソドックスではあるが主人公の目的と合致した世界観はとっつきやすく、エウシュリーの中でも初心者向けの良い作品ではないだろうか?

・システム
相変わらず面白い!バランスが非常に良くなったかなと。
序盤から自由に動ける点も良く(といっても限られますが)、工匠の地位が上がる事で幅を広げる点は良かったかも。
あれこれ地方に行って、特産品的な採集・採掘でアイテムを素材を獲得する。
敵は敵で倒して、それしか入手できない素材もあれば、採集・採掘でしか取れない、または一気に取れるという点は非常に良い。
一回クリアしたマップはいつでも脱出できるのもかなり良い。面倒な要素を上手く分散させてるのがいいね。

序盤はチマチマとレベル上げして、お金をためてって流れは変わりませんが、姫狩りの序盤のように割と鬼畜仕様ではないので、それなりサクサクは進みます。(進めても特に問題はない)
まぁ序盤の最後でもある死神が結構鬼畜だったり、最初はエミリッタ√行きだったので、ウィルと二人の序盤ダンジョンは中々のデスダンジョンっぷりで辟易した、難易度はそれなりにはあるかなぁと感じました。
道中まさかの一発や本拠地スルーでまさかの逆制覇で、SAVEのし忘れには苦しみましたが、中盤以降は仲間も増え、戦力も整うので安定してダンジョンもこなせるようになる。
1週目に関しては、そこそこ難易度は高かったですが、十分に楽しめた。

基本やりこみ要素の高いメーカー作品で、2週目以降はやりこみ要素満載。アペンドを導入するとマゾイダンジョンが追加。
レベル上げもすげー辛いし、最高の武器などを作るのが一つの目的となってくるので、いかに踏ん張れるかw
アペンド導入すると色々と良いみたい。

兎に角、面倒くさい事が好きな人には向いてる作品。
アペンド導入しない限りは、マゾイダンジョンはあまり無さそうな気がするが…、やはりユイドラ鉱脈あたりか。

導入要素で過去作品からの参戦も当然あるので、そこら辺はファンの期待を裏切らない点も憎めない。
色々と調べてみたら、よさそうなキャラが…。

・総合

バランスの良さの極致というか、非常にうまく出来てるなぁと関心。そもそもエロゲでRPGってどうなの?って思うところがあるけど、エロだからこそ描けるシーンが一杯あって、痒いところまで手が届く作品を作るのがエウシュリー。
最近じゃDMMがエロソシャゲとかで界隈を賑わしているので、エロの偉大さは流石ww エロはどんなジャンルでも合うwww

CG、回想シーンも申し分ない枚数で、多種族との交流もあって、天使や悪魔(あくまでも人間的な造詣)、お決まりの水精などの精霊、ヒロインの枚数も正規ルート、衣装H含め、8ぐらい?あるし、衣装による回想シーンが用意されている点も実に良い(コスプレ要素も高い)。
この作品だけに限ると、どの方向性にいっても不満が無いぐらいに、完成された感はある。

エロ以外の要素が高い作品って戯画のバルドシリーズのエウシュリーぐらいしかしたことないが(アリスのシリーズ作品も有名だが)、もっと色んなジャンルに挑戦するのもありじゃね?って思うぐらいに親和性高いと思うんだけどなぁ。恋愛の行き着く先はエロなのでエロゲーは至極流れにそった作品だが、RPGとかも同様よねぇ。寧ろ、RPGはシナリオあり気だから、こういうエロシーンの受容性ってありそうな…気がしないでもないが…、エウシュリー作品はいいところ突っついてくれてます。抜き要素も高い。

ミニゲーム的な要素は多いけど、ガッツリとメインに組み込むメーカーってあまり見ませんよね。脱衣麻雀的なもんは昔からあったけどwww

兎に角、このアルケミーは非常に面白かったです。そこそこやり込んで、非常に時間の無駄wwwになりましたが楽しめればそれで良しです。
エウシュリーの悪いところは中毒性が高い作品を出してくるので、社会人には非常に辛いというところwwその1点のみですw

キャラクター(11点)


■ヒロイン
イマイチ、パッとしないヒロイン達かなぁ。
ユエラあたりは割りと葛藤もあり、クーデレ的な感じですが、もう一つ脂が乗らないというか興味がそそらなかったなぁ。
エミリッタやセラウィあたりもどうしてもパッとしない。

全体的にそんな感じかなぁ。出てるキャラとしてはメイド天使ちゃんとミレーヌかなぁ。
アペンド導入だと、リフィアとかリリィとかすげー好みだから惜しい。かなり。
そんな参戦キャラみると、過去作品も気になる仕様w

■主人公
有限実行のスーパー工匠。

兎に角、何でもする、何でも受ける、困った人は見捨てない的なヒーロー的主人公なので、モテモテのハーレムです。
特に語るほどでもないかなと。

システム(17点)


※インターフェース的なシステム部分です。バックグラウンド、補助的なね。

※プレイ時間。
兎に角シナリオだけ読みたいならば3週分、初回は20時間?ぐらいで後はパパッとやれば4,5時間ぐらいじゃないか?(引継ぎあり)
やりこみはやりこむほど時間が増す感じ。200時間は余裕で行くかと。兎に角レベル上げが面倒すぎる。
武器レベル上げとかも。ここら辺が、くっそ面倒だ…やっぱマンネリ的な面倒くささはやりこみ要素に必需品かぁ…。

ここら辺飽きないシステム作ったら究極の神ゲーなるんだろうけど。アペンド的な要素はそういう意味じゃ、良いオプションかもなー。

■インターフェース
特に。時間短縮で、アニメーションなどは基本OFF。
脱衣とかほんと服肌蹴るか笑える。

姫狩りと比べるとアイテム装備とか、細かい部分で使いやすくなった。アイコンがでかくなったのも◎。地図要素も1MAP事なので、わかりやすい。
NEWが付くので基本わかるが、ソート機能が無いのは惜しい。見てたら位置はだいたいわかるのでOKですが。せめてキャラが装備できる武器・装飾のみ表示とかそこら辺をもっと意識してくれたら嬉しかったかな。

まぁプレイする上では問題はないが、使いやすい…って訳でもなく、洗練されているわけでもない。もっと痒いところまで手が届きそうな気がする。

ヒロインの衣装コスプレはすごく良かったなぁ。ちゃんとイベント分まで用意してくれてるしなぁ。

■CG鑑賞
1000枚ぐらい??
兎に角枚数多いし、かなり濃い。ヒロイン系は特に多い。だからこそもっと可愛い子欲しかった…。
姫狩りのリリィとかすげー可愛かったのに。

CG & BGM(15点)


■キャラ絵 / 背景画
キャラ絵は綺麗です、好みです。だいぶ綺麗になった感じがする。毎回お決まりのマスコットキャラのエウシュリーちゃん達が物語ってます。

可愛いの好きなので…、メイド天使達になるのかなぁ。
エウクレイアさんはなんかデフォの立ち絵が太ってるような妙な感じなのがな…、黒エウも過去作品に比べてカップ麺食いすぎた???w
エミリッタは個人的にあまり好きになれんかった…。ヒロインで言えばセラウィかなぁ。大きいし…。

リフィアとかリリィとかもすげぇ好みなんだが…、むぅ。

■BGM
OPかっこいい!!毎度ながら格好良いBGM用意しくれます。

その他(5点)


兎に角はまる。やばい。時間がまじで削られます。

総評 90点 (Aランク)


エウシュリー作品の初心者向け。(当然やりこみ要素も高いのでファンも買い)
姫狩りとは違いアンチヒーローじゃなく、正統派で、しかも工匠で武器防具を作成して強くなるという、もともとあるシステムに対しシナリオに組み込ませるという、なんで今までなかったの?って感じでガッツリはまるテーマ性が売り。
陵辱系も無いので嫌いな人は安心してプレイできる逸品。(エウは多い気がする)

後は今までのエウシュリーの世界観(ファンタジー要素的な)を乗っけただけだし。システムは万全。かなりバランスが良くなったと思う。
ざっくり楽しむのもあり、やりこみもあり、兎に角バランスが良い作品だった。

■OP

 

■関連商品

神採りアルケミーマイスター  「ハンナさんの巡礼旅行記」

神採りアルケミーマイスター 「ハンナさんの巡礼旅行記」

中古価格: ¥ 4,620 より

Amazon価格:¥ 10,800

カテゴリ:おもちゃ&ホビー


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

Posted in エウシュリー

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline