ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

ゆのはな

2010.03.25 by てるりん♪

33.ゆのはな
企画・ディレクション:朝妻ユタカ
シナリオ:丸谷秀人(わかば・椿シナリオ担当)、J・さいろー(穂波シナリオ担当)
原画・キャラクターデザイン:藤原々々
SD原画:仁之丞
BGM:ノーブランドサウンズ
主題歌:ツーファイブ

 

 

 

<ストーリー>

冬休み、愛用のギターとともにバイク旅行に出かけた大学生の草津拓也(くさつ たくや)は、とある田舎町「ゆのはな町」を通り過ぎようとした時、飛び出して来た猫を避けようとして、道ばたの古びた小さい祠にバイクごと突っ込み、気絶 してしまった。

激しい痛みとともに気がつく拓也。バイクは大破し、その部品らしきものが身体に突き刺さり大量出血。死はまぬがれないと思っていた時、倒れている自 分を中空に浮かんで見下ろす、変わった衣装をまとった小さな少女に気づく。

その少女は、この土地の守り神「ゆのは」と名乗り、神の力を使って拓也の身体を修復、治療することができると言う。

命を救ってもらい、また壊した祠の修理代として、ゆのはから多額の現金を要求される拓也。払えなければ拓也の身体は修復がキャンセルされてバラバラ に、そして祠が修理されなければ、ゆのはの神力が暴走し、ゆのはな町はこの冬の間に深い雪に埋もれ、滅びてしまうという。

ほとんど脅迫のような形でゆのはに要求された金額を稼ぐため、拓也はゆのはな町で銭湯「華の湯」を経営する伊東家に居候させてもらいながら、商店街 の店でアルバイトに精を出すことになる。個性的で心優しき人々が住まう、ゆのはな町で……。(by wikipediaより引用)

■テーマ度数

pikanaki
pikaomosiro
3 4

泣…泣くと言うよりは心が温かくなる物語です。冬の田舎町を舞台に人の心の温かさに触れてくださいな。
笑…出てくる人間が皆良い人ばかり。マニアック嗜好なキャラクターが多く個性あって自然と笑えてくるものです。

 

<感想>
『遥かに仰ぎ、麗しの』のPULLTOPの作品。
非常に雰囲気の良さそうなゲームだったので購入!プレイ。

『かにしの』をプレイした後の作品なので、色々思う事はあるのだが、どちらもPULLTOPの良さがありますよね。
誰にでもわかりやすいような世界観、テキストの読みやすさ、仄々としたコミカルな笑いやハートフルなハッピー物語…。
特に世界観の醸し出し方は『かにしの』でもそうでしたが、非常に上手いよね。雰囲気があります。

良い意味でシンプルでハッピーエンドな所が良い。

 

このゲームをプレイしてみると、やっぱり雰囲気のあるゲームって良いよなぁーって思います。
小説やアニメや漫画でもそうですが、世界観や風景に趣がある物って自然とキャラクターやシナリオを作っていくものだなぁとつくづく思いました。この『ゆのはな』も雰囲気のあるゲームで仄々した街の人々や風景が自然と心に沁み渡った感じがします。

このゲームをプレイして、他プレイした作品の見方も変わったな。

シナリオ(37点)



おとぎ話よりも幸せな、本当の話
–A heart-warming fairy tale of winter–
そう、これはおとぎ話より幸せで、本当のお話なんだ…。

『ゆのはな』の最大の良さは世界観を包み込むような人の温かさです。とってもシンプルなお話であり、テキストも読みやすく、冬を舞台としたBGMの心地よさが世界観を構築しています。

どこにでもあるようなありきたりなハートフルストーリー。

自ら閉ざしていた世界に対して、主人公に触れ限りなく広がる世界に進む決意をしたわかば。
小説家としての在り方を、主人公の真っ直ぐな想いに対して自らの道を切り開いた(再度進み始めた)椿。
父親の死から自らの感情を閉じこめた穂波は主人公の想いに触れ、前に進む事が出来た。

ゆのはは神様として、誰よりも普通の女の子として憧れた毎日を、それも大好きな人と一緒に取り戻す事が出来た。

ヒロインが抱える些細な悩みを主人公との恋愛を通して、さり気なく優しく、自らの進むべき道を切り開く、互いに道を進んでいく、そんなありふれたお話なのです。

奇跡…まさにそんなお話の締めくくりなのですが、在るべくしての奇跡。まさにそう思える、いや思わなければいけない、そんな優しさで溢れたお話なんです。

A heart-warming fairy tale of winter。だからこそ心温まるような『おとぎ話』なんです。

キャラクター(14点)


出てくるキャラクターが皆、善人ばかりです。例えわかっていても心温かく人と接する事が出来る人間ばかりです。一部は熱烈なマニアック嗜好に偏っていますが、見方によってはそれも純粋であると言う事です…w

■主人公
稀に見る天然素材系主人公。情に脆く、語彙も少なく知能的とは言えないが、芯は純粋な心の持ち主。泣きや鬱ゲーと言った題材に合わない性格ながらも、常に前向きで人を思いやる主人公で、まさに愛すべきおバカ主人公です。

■ヒロイン
それぞれ性格が別れたヒロイン。仄々天然系のわかば、思いやりのある姉御キャラ椿、ミステリアスで常に冷静な穂波。
周りを固めるサブキャラも実に個性的な面々ばかり…戦艦マニアもいれば、腕っ節の強い妄想女もいたりと…。
ミツエさんとかあの顔で悪人とかならインパクト強烈だったけど、、、流石にないよねww

ゆのはに関しては守銭奴というように、見方によっては嫌悪してしまいそうな言動ですが、広い心持で見ましょう笑

私的にはゆのはとホナミンが最高!……ってやっぱ俺は○リ好きなのか…?いや、俺は可愛いモノにただ癒されたいだけなんだ…ってそれがマズイのかぁぁ・・。

BESTヒロイン:ゆのは

システム(14点)


■インターフェース
スキップ機能も充実。比較的同じ場面を踏む事が…前半では多少あるので役に立ちます。
フルスクリーンや音声機能など一般的なシステムが兼ね備えてあるので特に問題なくスムーズにプレイできます。
穂波シナリオのみ選択肢が幾つか出てきており、他ヒロインとは違い、シナリオに対して重みがあるのが特徴。ライターさんが違うっぽい。
他のヒロインは基本、バイト先を統一すればTrue Endを迎えます。
逆にあっちこっちバイトしていると、年初めで何事もなく終わってしまいます。

■CG鑑賞&回想シーン
全75枚。回想シーンは13シーンと多め、何ともPULLTOPらしい。

CG & BGM(12点)


■キャラ絵
比較的に綺麗なCGです。かにしのでもそうでしたが、絵の上手さと雰囲気が非常にマッチしています。
ちょっと薄い感じがしますが、キャラクターとマッチしている人物像が中々素敵です。絵が可愛らしいのでロリキャラが何とも…w

■背景画
冬の田舎町を描いた背景画良い感じです。
特に印象的ではありませんが、作品とマッチした感じがいい。

■BGM
全23曲。うち歌唱付きが2曲。
冬をテーマとした音楽が雰囲気を醸し出しています。うん、冬をテーマにした作品のBGMって良いよねぇ…。

その他(3点)


わかりやすいテキストに、ギャグのテンポもあり、シナリオもハッピーエンド。まさに3拍子の揃った良いお話でした。

 

総評(80点 Bランク)


PULLTOPの良さが詰った作品かなーって個人的に思います。
『かにしの』のような雰囲気のある良さが売りでもあり、シンプルなシナリオも実に良し。無駄がなく、テキストも読みやすく、ギャルゲー初心者向け的なゲームなんじゃないかなーと思います。

このようなお話に色々と突っ込む事はよさずに素直にシナリオを楽しみましょう…w
個々のシナリオに関して、波がなく、もう一つ面白味に欠ける点はあるかもしれませんが、全体的に良く出来た作品だなって思います。

キャラクターありきのシナリオでもあるので、PULLTOP好きや丸谷さんのシナリオが好きな人にはお勧めっす。

お賽銭ADVと言う名がついているが、案外途中から邪魔になってくるシステムと言う…w

 

ゆのはな (youtube) OP主題歌 『冬だより』 歌:原田ひとみ

■関連作品
遥かに仰ぎ、麗しの
この大空に、翼をひろげて

 

 

■関連商品

ゆのはな 大吉パック

ゆのはな 大吉パック

中古価格: ¥ 1,880 より

Amazon価格:¥ 6,625

カテゴリ:CD-ROM


PULLTOP VOCAL COLLECTION 『うたのかんづめ』 / Kae/理多/NANA/原田ひとみ/月子/ゆうか/凰華女学院声楽隊/芝原のぞみ/このかなみ/遠山枝里子 / CD ( Music )

PULLTOP( 2007-08-24 )

定価:¥ 3,240 ( 中古価格 ¥ 3,015 より )


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

Posted in PULLTOP, メーカー別

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline