ギャルゲー・エロゲーを中心とするレビューを綴るブログであります。基本ネタバレありです。
2016年は8作品。久々に熱が出た。今年は…今のところ気になる作品もない。

SNOW

2009.09.19 by てるりん♪

16.SNOW
キャラクターデザイン:飛鳥ぴょん
シナリオ:望月JET、まちゃ吉、Klein
音楽:Famishin、ふぁむ、I’ve、T&N BGMフォーマット Factory

 

 

 

 

<ストーリー>
主人公は、親戚のつぐみが経営する温泉旅館の手伝いをするため、龍神村を訪れる。 そこは昔むかし、龍神と人とが禁忌を破って結ばれたことが神の怒りに触れ、以来一年中雪に覆われる村であった。

その地で主人公は、村の少女達と出会うことになる。

 

<感想>※基本ネタばれありです
KeyのAIRやKanonと似たようなシナリオ…これは二番煎じか!?

露骨にパクリと言われていますが、確かに類似点が多く見受けられますし、制作者側も意識した作りと仰っていますねー。私的にはシナリオさえ良ければ、パクリとかは全く気にしていないもので…。と言ってもどうしてもプレイしているうちにやっぱ比較しちゃうけど。

因みにテーマに関しては…『純愛』ものかな。より強く描かれている感が強い。
それと同時に、親子の愛情を描いた家族愛や絆と言うものも少なからずとも意識されて作られている。

■テーマ度数

pikanaki
pikaomosiro
pikautu
2 2 2

泣…桜花ルートはお勧めです。全体的にファンタジーっぽいですが、泣き所はどれも押さえている感じ。
笑…芽衣子親子あたりの絡みがそこそこ笑わせてくれます
鬱…人が亡くなったりとシナリオによっては鬱的な展開。

 

 

シナリオ(30点)


全体的にテキストを読んでいると非常に読みやすい。文章自体、小難しい抽象的な言い回しもない。AIRやKanonをプレイしている方は先が読めてしまうかな~…。本当類似したシナリオなんで。

本筋などKeyやKanonの一部のシナリオに類似している点は多く見受けられるが、案外ディテールはしっかりとしている。
良い部分では旭ネタは真琴ネタより中身がしっかりしていて、背景もしっかり描かれている分一つのストーリーとして見れる。
悪い部分では澄乃シナリオのように、極端な方向に持って行ったり、シナリオが破綻しているケースもある。

Legendシナリオが言わばこのSNOWの根本的な歴史の原因を紐解く、過去の回想を物語るのだが、一つのシナリオとして見ると結構酷い。
話しのあらすじにもあるように、悲恋を描いた元になるのだが、龍神様が特に酷過ぎる…(妹)。無茶苦茶だ。
簡単に言えば、本当因果応報と言うか、神様と言う割には、性格の位置づけが間違った方向に行きすぎだよ…。
土台がこうも酷いとシナリオが自体が希薄になってしまう。

逆に良く出来たシナリオと言えばメインシナリオともとれる桜花シナリオ。
先が分かっていたとしても、これだけ強い家族の絆、親子愛(実際は違う、間接的な)を見せられたら感動してしまいます。桜花の性格がかなり良さげかつ、澄乃のキャラが他のシナリオとは違い印象良く描かれているので…。仄々とした3人で旅館を切り盛りする過程は丁寧で、本当の親子のような感情移入しやすい作りとなっており、包まれるような優しくタッチされた家族の絆の描写が良く出来ている、ラストも浄化と言う意味では美しい終わり方、旅館を切り盛りする澄乃親子も印象が良い。

その他シナリオは位置づけとしてはおまけ的な要素が強い。村の伝説がベースとなったしぐれ、芽衣子シナリオに当たるのが、案外よく出来ている。完全にファンタジーとして切り分けている点が分かりやすく、特にLegendでの二人の立ち位置は心情的には一番理解できる立場にあっただけに、感情面が巧く伝わってくる。特に芽衣子シナリオは、キャラクターの良さと相俟って、心の動きがよく表現されている。

後、どのキャラもそうですが、ラストの奇跡染みた終わり方は…、酷い部分が結構あるので…。
ファンタジー要素満点のSNOWだからこそアリじゃねーと思う事にします。

 

キャラクター(7点)


■ヒロイン
ぐぉぉ。キャラクターだけはKeyを全面的に使用!みたいな感じです…。全員電波系集合ー!って感じです。
芽衣子だけ…救いだ(?)…、あの親子は結構強烈ではあるが、唯一まともなヒロインに思える……。

■主人公
何と言うかアホみたいだが、なーんか良い奴って感じです。
毎回水を運んでる描写しかないので、そこしか印象が…。

 

システム(16点)


■インターフェース
システムはスキップ機能などはシンプルで特に。
おんぶしたり、対面方向で話したり細かい描写に拘りがある。

■CG鑑賞&回想シーン
136枚程。普通のCG鑑賞と回想シーンはそのシーンのシナリオに行く感じ。

 

CGBGM(9点)


■キャラ絵
比較的奇麗で見やすい感じ。キャラ造詣からも可愛らしい絵柄だなーって感じです。

■BGM
全23曲。うち歌唱付きが3曲。
BGMに関しては…印象に残る曲が…。
SNOWあたりは冬とマッチしたような世界観のある音楽です。
どれも大体冬に合わせたようなサウンドなどが雰囲気を駆り立ててくれます。

 

総評(62点 Cランク)


良い意味で上記で上げた2作品の良い部分使い構成している。勿論悪い部分も目立つが、分かりやすくシナリオ構成した点は評価!完全にファンタジー路線で行っているので中途半端さもなく完全消化している点…特に違和感も感じる事無くにテキストを読める。個々のシナリオはメインシナリオのインパクトは掛けるが丁寧に作られている作品。

 

SNOW  P・E OP (youtube) OP主題歌 『SNOW』 歌:松澤由美

 

■関連商品

SNOW(スノー)-Portable-

SNOW(スノー)-Portable-

定価:¥ 5,184

Amazon価格:¥ 3,500

カテゴリ:Video Game

発売日:2007-08-16


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

Posted in Studio Mebius, メーカー別

Trackback URL

承認制です。トラックバック歓迎です。スパム系は許可しませんのご了承

コメント

本文入力

SEO Powered by Platinum SEO from Techblissonline